任期満了後の業務概要

入居開始後は所有者は、すでに転勤地での生活を始めているはずですから、これ以降は担当者からの報告と入金を楽しみにしていましょう。
海外と日本との行き来の場合は国際郵便やグローバルな取引を受け付けている銀行口座が利用できます。

業者はオーナー代行でトラブル対応までしてくれます。
遠方にいれば細々とした管理業務を自分ではできませんが、報告で状況把握はある程度できます。任期が残り1が月ないし2ヶ月と迫ってきたら契約解約依頼を早めにしておきましょう。
入居者の方も退出準備がいるでしょうし、期限付きとは言っても留守が数年間におよぶなら状況も変っているはずです。
もしも期間が延びるなら再契約依頼をして入居者からの同意が必要です。契約完了の前に担当者により物件に損傷や汚れはないかを細かくチェックしてもらう事もできます。
入居者の退去と共に帰宅、さらにリフォームの必要があるなら予算に応じて修繕してもらいます。

以上がリフォームも含めてリロケーションの全行程になりますが、賃貸をするという事は相手がいるわけですから入居が決まるまでは気が抜けません。
すんなりと入居者が決まるわけではないですから余裕をもって取り組む事が必要です。
転勤が明らかになった時からなるべく早期にリロケーションを始めてください。

 

入居後の業務概要

我が家に値段が付くというのも奇妙な感じを受けるかもしれませんが、欲を出してあまり値をつりあげても、入居者が見つからなければどうしようもありませんし、かといってあまり安すぎても足が出ます。

最初にやる業務は家を業者に査定してもらう事です。
プロの目でいくらくらいの賃料が妥当か、リフォームの必要があるか、敷金や礼金はどうするか、契約期間はどれくらいか、など細かい事を決めていきます。この時の査定額ですがもちろんプロとして見解から賃料を出すのですが、実は査定額は人が変れば金額も変ってきますから自分でもネットで相場を調べてみてください。
リフォームにかかる費用も計算にいれる必要はありますが、通常の賃貸住宅の賃料よりはいくらか安いくらいの方が、興味を持ってもらえます。

大筋が決まったらちらし作成および近隣への告知をしていく事になりますが、このあたりは担当者とも相談しながら効果的なキャッチコピーや説明文なども検討していきます。
この部分は何度でも見直しが必要です。

不動産は“新鮮さが命”とも言えるものなので、なるべく早く入居者を決めてしまいましょう。あまり長く売れ残っていると“訳あり物件”と見られて、ますます入居者がつかなくなります。
担当者と自分自身と入居者との三者面談を経て、賃貸借契約締結後入居開始です。

リロケーションと収支

今回のお話は“リロケーションの仕組み”についてです。
これからリロケーションを始めようとしているオーナー様はぜひ知っておいて欲しい重要なテーマです。なぜなら仮に留守中の短期間であろうとも一般的には不動産事業者であり、個人事業主として収支を出していかなければならないからです。

自分が提供する不動産物件に賃料を支払って、利用してくれるお客様が存在する以上、事業主としての責任を負う事になりますから、最低限度の予備知識は頭に入れておく必要があります。
もちろん肝心要な賃料徴収や物件管理など主要業務は、業者に代行してもらう事になります。その実、多くの物件が思うような収支を出す事ができずに放置されています。
そうした放置物件に光を当てるのがリロケーションであり、そのためにもまず検討しなければならないのは、適切なリロケーション業者を選ぶ事です。

複数の業者から資料を集め説明を聞いてみましょう。この時担当者の人柄も決め手になります。
長い期間を共に運営してもらうのですから相性が良い事が重要です。そしてどのような形でリロケーションを進めていくかも決めてください。

一般的には自分と入居者との直接交渉となりますが、たまにサブリースを勧められる事もあります。サブリースは物件を丸ごと借上げてもらってから業者主体で運営されます。
賃料はもちろん入りますし満室保障もされますから、早く満室にしたいと焦っているマンションオーダーには向いています。
おおよその事が決まったら早々に入居者募集です。