リロケーションと収支

今回のお話は“リロケーションの仕組み”についてです。
これからリロケーションを始めようとしているオーナー様はぜひ知っておいて欲しい重要なテーマです。なぜなら仮に留守中の短期間であろうとも一般的には不動産事業者であり、個人事業主として収支を出していかなければならないからです。

自分が提供する不動産物件に賃料を支払って、利用してくれるお客様が存在する以上、事業主としての責任を負う事になりますから、最低限度の予備知識は頭に入れておく必要があります。
もちろん肝心要な賃料徴収や物件管理など主要業務は、業者に代行してもらう事になります。その実、多くの物件が思うような収支を出す事ができずに放置されています。
そうした放置物件に光を当てるのがリロケーションであり、そのためにもまず検討しなければならないのは、適切なリロケーション業者を選ぶ事です。

複数の業者から資料を集め説明を聞いてみましょう。この時担当者の人柄も決め手になります。
長い期間を共に運営してもらうのですから相性が良い事が重要です。そしてどのような形でリロケーションを進めていくかも決めてください。

一般的には自分と入居者との直接交渉となりますが、たまにサブリースを勧められる事もあります。サブリースは物件を丸ごと借上げてもらってから業者主体で運営されます。
賃料はもちろん入りますし満室保障もされますから、早く満室にしたいと焦っているマンションオーダーには向いています。
おおよその事が決まったら早々に入居者募集です。