任期満了後の業務概要

入居開始後は所有者は、すでに転勤地での生活を始めているはずですから、これ以降は担当者からの報告と入金を楽しみにしていましょう。
海外と日本との行き来の場合は国際郵便やグローバルな取引を受け付けている銀行口座が利用できます。

業者はオーナー代行でトラブル対応までしてくれます。
遠方にいれば細々とした管理業務を自分ではできませんが、報告で状況把握はある程度できます。任期が残り1が月ないし2ヶ月と迫ってきたら契約解約依頼を早めにしておきましょう。
入居者の方も退出準備がいるでしょうし、期限付きとは言っても留守が数年間におよぶなら状況も変っているはずです。
もしも期間が延びるなら再契約依頼をして入居者からの同意が必要です。契約完了の前に担当者により物件に損傷や汚れはないかを細かくチェックしてもらう事もできます。
入居者の退去と共に帰宅、さらにリフォームの必要があるなら予算に応じて修繕してもらいます。

以上がリフォームも含めてリロケーションの全行程になりますが、賃貸をするという事は相手がいるわけですから入居が決まるまでは気が抜けません。
すんなりと入居者が決まるわけではないですから余裕をもって取り組む事が必要です。
転勤が明らかになった時からなるべく早期にリロケーションを始めてください。